製袋・容器資材

~ 樹脂袋の製造工程 ~

原反の製造

多数の糸から機械を通し筒状の原反が造られていきます。
糸の補充、架け替え、機械の点検と最初から最後まで、目を離さず原反を 仕上げていきます。


樹脂袋の印刷

出来上がった原反に商品名など印刷しながら袋状にカットします。
印刷、織の出来上がりをチェックし、良い製品だけを選び縫製加工します。


縫製

印刷、カットされたクロス袋は、一枚一枚環縫い及び本縫いをします。
縫製はすべて手作業でおこなわれ、使い易く、安全安心な製品に仕上げます。
クロス袋の用途は様々あり、大小、形を変え、ニーズに合わせいろんな容器に 加工されます。

~ 紙袋の製造工程 ~

紙袋の糊付け

30キロ米麦用紙袋を製袋機、ボトマー機(7Bタイプ)で糊付加工し製品に 仕上げます。


紙袋の検査

糊付けされた紙袋を、一枚一枚、不良品が無いか、丹念に確かめます。
十分な品質管理を経て、(財)日本穀物検定協会の検査を受け、合格 した製品のみが梱包されます。


製品の出荷

梱包された製品を出荷します。
紙袋は、印刷が鮮明で仕上がりも美しいなどの特色から、全国的に広く 普及しております。

安心・安全へのこだわり

生産設備

詳しく見る >

樹脂袋・紙袋の製造工程

詳しく見る >

フレコン リペア作業

詳しく見る >